高校受験、受験生の冬休みの過ごし方って?

高校受験を控えてる中3にとって、冬休みは最後の追い込みとなってきます。
受験を間近に控えた受験生は、冬休みをどのように過ごすかが、受験に大きく影響してくると言われています。
受験生が冬休みを有意義に過ごすためには、まず、冬休みの計画を立てることが必要でしょう。
冬休みは年末年始をはさむため、ついつい気がゆるんでしまい、夜更かしや朝寝坊をしてしまいがちです。
計画を立てる際には、起床から就寝までゆとりを持って計画を立て、実行することことが大切だと言えます。
受験生の理想的な生活パターンは、午前8時までに起床し、午前中を中心に勉強を行い、夜は10時頃を目安に勉強を切り上げ、早く寝るというパターンです。
入学試験はほとんどの場合、午前9時頃から試験が行われるため、午前9時の時点で頭がしっかりと働いている状態でなければいけません。
そのため、冬休みのうちから早起きをし、朝から勉強をすることで生活のリズムを作り、受験に備えることが大切なのです。
でも、冬休み中、毎日、計画に縛られた生活では、心も体も参ってしまいますよね。
そんな時は、大晦日と元旦だけ勉強を休みにするなどの工夫をして、掃除を手伝ったり、初詣で合格祈願をして気分転換を図るのも良いでしょう。
また、冬休みの計画を立てる時には、勉強の計画も一緒に立てましょう。
受験生の冬休みは復習に徹することが重要です。
自分の弱点を強化するためにも、復習中心の勉強を行い、受験対策を行うと良いでしょう。

関連ページ

高校受験、1月〜受験日までの過ごし方って?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
高校受験、受験日当日に失敗しないためには?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。