高校受験の社会科の出題範囲の割合って?

高校受験に向けての社会の学習としては地理や歴史、地図、さらには憲法、政治、公民や現代史などがあります。
出題の比率としては歴史がおおよそ40%で後は地理と歴史が半分ずつとなっているようです。
この出題比率をきっちりと理解して高校受験に挑むと良いでしょう。
地理では日本の都道府県の名前や位置をしっかりと覚えておくことが大変重要となります。
歴史では同然の事ながら年号をしっかりと暗記することです。
というのも高校受験で出題される問題では年号の並び替えが多いからです。
また、時代の流れをつかんでおくことが重要です。
そんな社会の高校受験対策で人気のある参考書は、文英堂から出版されている「要点はこれだ高校入試社会歴史地理・公民」です。
これで高校受験で出題される範囲はカバーできるでしょう。
また、要点ドン高校入試社会も学研から販売されていますが、重要な要点がまとめてあるので大変使いやすいといえるでしょう。
地理の分野では文英堂から出版されている高校入試ズバピタ社会地理に人気があります。
また同じく文英堂から出版されている高校入試本番で勝つ社会地理も大変人気のある参考書です。
歴史の分野では数学研究社の高校入試集中トレーニングが人気があります。
また暗記を目的とした、デルカ暗記カードを併用すると大変効果的に学習ができるでしょう。
公民では同じく数学教育社の高校入試集中トレーニング公民や同じくデルカ暗記カード公民を併用して効果的に学習しましょう。
社会科はあるいった意味、暗記をどこまでできるかで成果が決まります。

暗記なくして高校受験社会は難しいと考えたほうが良いようです。
特に歴史は暗記が元となり全体の流れをつかむことができると考えたほうが良いようです。
これら分野別に学習をした後は総合問題集で実践問題に挑戦します。
学研から出版されている高校入試基礎の完成は社会全般の総合問題集の中でも大変人気のあるものです。
また数学教育研究社の高校入試問題社会の完成よく出る標準問題も大変人気があります。
これら総合問題集で実践を行った後、総合問題の応用編で応用力を身につけましょう。
応用問題集としては最高水準問題集高校入試社会が文英堂から出版されています。
また、高校受験で難関校を目指している人には学研が出版している難関突破精選問題集社会国立有名私立高校入試対策を使用すると良いでしょう。
これらを上手に活用して高校受験合格を目指しましょう。

関連ページ

中学生の学習、国語の勉強法
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
中学生の学習、数学の勉強法
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
中学生の学習、理科の学習法
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
高校受験の理科の出題パターンと範囲
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
中学生の学習、社会の学習法
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
中学生の学習、英語の勉強法
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。