中学生の学習、数学の勉強法

数学は、計算が必要と言う意味で算数が基礎にはなっていますが、算数が得意だったからできるというものではありません。
数学は考える教科。
計算だけできても考えることができなければ数学ができるようにはならないです。
だから算数が得意だったのに数学になったら苦手になってしまったという人が出てくるのですね。
ただし、計算ができないことは問題外です。
遅くても中学1年生の内には計算力を完璧にしてください。

 

この教科の勉強法は、暗記ではありません。
公式など、暗記が必要なものがないわけではありませんが、公式も丸暗記するだけでは覚えることが多くなった時に使いこなせなくなります。
公式は、暗記するのではなく、理解するものです。
その意味を理解していなければ、例え暗記していてもどういう時に使うのか、覚えた公式が多ければ多いほど混乱してしまうでしょう。
特に、高校受験の勉強や高校に進学してからの勉強で苦労することになります。
最初のうちから、暗記ではないことを忘れずに理解しようという気持ちで取り組みましょう。

 

数学と一言で言っても、一部の単元を抜かしては単元ごとに内容が異なります。
受験勉強のように範囲が広い場合は、単元によって勉強方法を変えることが効果的な勉強法。
苦手な単元は、基本問題をたくさん解きましょう。
メインの問題集の他に、苦手なところだけ取り組むためのサブ問題集を持つことをおすすめします。
得意な単元では、サブの問題集は使わない、もしくは応用問題だけ解いてみるのもよいでしょう。

関連ページ

中学生の学習、国語の勉強法
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
中学生の学習、理科の学習法
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
高校受験の理科の出題パターンと範囲
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
中学生の学習、社会の学習法
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
高校受験の社会科の出題範囲の割合って?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
中学生の学習、英語の勉強法
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。