公立高校に進学するメリット・デメリットって?

公立高校と私立高校の大きな違いは、卒業までにかかる費用の総額でしょう。
一般的に、公立高校と私立高校では3年間に支払う費用の総額が2.5倍〜3倍以上も違ってきます。
私立高校の費用は学校によって違いますから一概には言えませんが、公立高校の無償化によって私立高校の費用も負担が減るとは言え、私立高校の場合は入学金・授業料だけでなく寄付金の負担が大きかったり、修学旅行で海外に行くケースが多く、その積立金が高かったりと、様々な出費が伴います。
また、特に地方では、私立高校より公立高校の方が学力レベルが高いケースが多く、私立高校は公立高校の滑り止めとされている地域が少なくありません。
ですから、地方では基本的に公立高校を目指すのが一般的です。
これは私立高校でも公立高校でも言えることですが、学力レベルの低い学校は風紀的にも乱れることが多いのがデメリットです。
有名大学付属の私立高校がたくさんある都会では大学受験に有利な付属私立高校の人気が高く、特にバブルの頃にはブランド化した私立高校が大人気となり、不人気の公立高校は学力レベルが下がり風紀的に問題があると言われていました。
一種の異常景気だったバブルがはじけた後は、私立高校の授業料が払えずに退学せざるを得ない状況に追い込まれる子供たちも増えて社会問題となったものです。
現在では、負担する費用の安い公立高校の人気が都会部でも高まっており、それに伴って都会部での公立高校の学力レベルも上昇傾向にあります。

関連ページ

公立高校に合格したら費用はいくらかかる?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
私立高校に進学するメリット・デメリットって?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
私立高校に合格したら費用はいくらかかる?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
高専に進学するメリット・デメリットって?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
高専に合格したら費用はいくらかかる?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。