高専に進学するメリット・デメリットって?

高専には、中学卒業後に進学出来るのですが、高校と違って修業年数が5年間となっています。
高専とは高等専門学校の略で、位置づけとしては大学や短大と同様の高等教育機関です。
技術者を育てる目的で作られているため、特に工業分野ではその就職率が大変高いことで知られています。
しかし、一般の認知度は低く、認可制の専門学校と同程度に思っている人も多いようです。
そのため、工業系の分野では就職率が圧倒的に高いのに比較して、一部では面接官さえ高専を理解できてないケースも多々あり、その知識力や技術力を正当に評価されないケースも少なくありません。
そうはいっても、特に不景気の時代には、高専の就職率の高さは大きなメリットになると思います。
それに、高専卒業後は、試験に合格すれば大学の三年次に編入することも可能です。
また、高専卒業後に専攻科に進学して二年間の修業過程を終了すれば、大学卒業に相当する学士学位が取得出来るシステムも用意されています(高専卒業後は準学士が取得できる)。
短大やレベルの低い大学よりも遥かに高い知識や技術を習得することができますから、卒業後の就職ということまで見据えて考えれば、高専に進学した方が賢明なのかもしれません。
高専によっては、就職内定率100%を維持しているところもありますし、一部の大学に特別な推薦枠を持っていることもあるようです。
親元を離れて寮生活をすることで自立心が養われたり、集団生活から学ぶことも多いでしょう。

関連ページ

公立高校に進学するメリット・デメリットって?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
公立高校に合格したら費用はいくらかかる?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
私立高校に進学するメリット・デメリットって?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
私立高校に合格したら費用はいくらかかる?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
高専に合格したら費用はいくらかかる?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。