高専に合格したら費用はいくらかかる?

高専にも、国立と私立があり、その違いによってかかる費用は大きく変わってきます。
費用としては主に入学金、検定料、授業料になりますが、国立高専では金額が一定となっています。
授業料は年額で234,600円、入学金は84,600円、検定料金は16,500円です。
公立高校の授業料が、年間約12万円であることと比較すると、公立高校より割高になっています。
高専では専門分野の知識や技術を学ぶため、特殊な施設が必要であることや実験実習が重要視された授業が行われるため、国立と言えども割高の授業料となっているようです。
これ以外にも実費で教科書などの費用が掛かりますが、教材も専門分野の特殊な教材を数多く必要とするため、高校などと比較するとかなり高額です。
中には、一冊で五千円くらいするものもあり、年間では4万程度かかる事もあります。
私立の場合だと授業料がもっと高額になり、当然各学校によって金額には差があるのですが、入学金がおおよそ17万円程度、授業料が年間40万円程度、その他諸経費などが10万円程度となっています。
学校によっては年間の授業料が80万円という年度もあるようですから、受験の前にかかる費用をよく確かめた方がいいかもしれません。
ただ、高専では大学受験のための塾や予備校費用がかからず、寮が完備されているケースが多いので、一人暮らしで仕送りを送ってもらうことを考えると、かなり格安で学生生活が送れます。
寮生活にかかる費用は、食費込みで5万円弱で足りると言われています。

関連ページ

公立高校に進学するメリット・デメリットって?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
公立高校に合格したら費用はいくらかかる?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
私立高校に進学するメリット・デメリットって?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
私立高校に合格したら費用はいくらかかる?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
高専に進学するメリット・デメリットって?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。