公立高校に合格したら費用はいくらかかる?

公立高校に合格したら、まず入学金が必要になります。
そして、制服・通学カバン・靴・体操服・教材などが入学説明会の際に現金と引換に配られることが多いです。
だいたいこれらの学用品などで10万円前後掛かるのが一般的でしょう。
それ以外に、授業料、PTA会費や修学旅行などの積立などの諸費用が必要となります。
ただし、子ども手当が支給されることになりましたから、公立高校の授業料は2011年より実質無料化される見通しとなっています。
これによって、公立高校の授業料は今後無償と仮定すると、年間約12万円は浮く事になるはずです。
3年間だと36万円くらい浮く計算になりますから、かなり違ってきますよね。
でも、授業料以外の諸費用が年間で33万円程度必要だといわれていますので、実際には授業料よりもその他の費用の負担の方が大きいようです。
もし、自宅から徒歩や自転車で通えない距離に学校がある場合は、交通費が必要になるでしょうし、お弁当を持っていかないのであれば、昼食代も必要です。
特定の部活動によっては、用具代や遠征費用なども用意する必要があります。
一般的には運動部や吹奏楽部などに入部すると、お金がかかると思いますが、文化系の部活でも活動が盛んなら遠征費用や部費がかかることもあるかもしれません。
家計が切迫しているような状況での進学でしたら、部活に入る前に予めどのくらいの費用がかかるのか調べた方がいいでしょう。
大雑把な概算でいえば、公立高校に進学したら、年間で50万円程度、卒業までに150万円くらい費用がかかるとされています。

関連ページ

公立高校に進学するメリット・デメリットって?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
私立高校に進学するメリット・デメリットって?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
私立高校に合格したら費用はいくらかかる?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
高専に進学するメリット・デメリットって?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
高専に合格したら費用はいくらかかる?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。