中学生の学習、塾の選び方

一言で学習塾と言っても、様々な形態の塾がありますね。
学級制をとっているところ、少人数制をとっているところ、個別指導の塾。
どれがいい悪いということはありません。
何ごとにも言われるように、その人に合うものを選ぶことが大切ですね。
大勢の中で刺激し合う方が伸びるタイプもいれば、少人数の方が自分のペースに合わせてもらえ、質問がしやすいのでよいというタイプもいます。
お子さんが(自分が)どのスタイルが合っているのかを家族で話し合って決めるのがよいでしょう。
個別指導の塾を選ぶ場合は、講師との相性も大事ですね。
これは授業が始まってみないとわからない場合もありますが、相性の合わない場合に講師を変えることができるのかは確認しておきましょう。
塾選びを子どもに任せる場合に注意しなければならないのは、友達と一緒に通いたいという場合です。
もちろん、刺激し合って成長していく関係は素晴らしいと思います。
けれど、遊びとハッキリ区別できなくなってしまう場合もあり、これはとてももったいないです。
友達と同じ塾に通いたいと言い出した場合は、一言くらい釘を刺しておくといいかもしれません。
塾選びは大切ですが、成績は塾があげるものではなく、自宅での学習が一番大事だということは多くの塾講師が口を揃えて言っていることでもあります。
もちろん、塾はサポートをしてくれますが。
塾に行くことで安心してしまい、家庭での学習がおろそかになっては本末転倒というわけですね。

関連ページ

中学生の学習、家庭教師の選び方
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
高校受験に有効な家庭教師って?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
高校受験のために塾に通う?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
高校受験で有名な学習塾・進学塾って?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。