中学生の学習、受験勉強の仕方

定期テストと違って一夜漬けではどうにもならないのが高校受験。
定期テストとは違った勉強法が必要になります。

 

受験教科ごとに、3年間で学習した内容が一冊になっている問題集を用意しましょう。
最初に問題を解く時には書き込みをせず、ノートに答えを記入していきます。
答え合わせをしたら、間違えたところだけ問題集にしるしをつけておきましょう。
2度目に問題集を解く時は、間違えたところだけ解くようにします。
3度目は問題集に直接記入していきます。
それでもまだ間違えたところは、その分野の学習を他の問題集をつかって補いましょう。

 

また、模擬試験を大切にしましょう。
模擬試験では設問を注意深く読む習慣をつけてください。
「間違っているもの」を選ぶのか「正しいもの」を選ぶのかなどをよく間違える人がいます。
こういうものは、ケアレスミスとは呼びません。
採点する側から見れば、国語力がないという結論になってしまいます。
受験は、同じくらいの学力の人がほとんどです。
そんな時、1点はとても貴重です。
問題を読めることも採点基準であるという気持ちで、定期試験や模擬試験の時から設問を落ち着いて読みましょう。

 

ただし、定期テストや模擬試験の結果が悪かったからと言って落ち込む必要はありません。
そのような試験は、自分の苦手なところを知るための手段なのです。
結果が良くても悪くても、間違えたところを復習して同じ試験が行われたら必ず満点がとれるようにしておきましょう。

関連ページ

中学生の学習、小学生との違い
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
高校受験のための勉強方法って?
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。
中学生の学習と自由研究
高校受験は、特に公立の学校に通っている中学生にとっては初めての大きな壁になるのではないでしょうか。精神的に不安定になってしまう人もいるので、温かく見守りたいものです。高校受験を乗り切る方法を紹介しています。